サービス付き高齢者向け住宅ケアサポートいわみ(島根県益田市)

小規模多機能型居宅介護事業所あいおいの家(島根県浜田市)

島根県益田市にあるサービス付き高齢者向け住宅 ケアサポートいわみ様は、「ほほえみ介護キッチンパートナー」 を活用いただいて1年。「以前の食事会社に比べると利用者様からの食事に対する不満もなくなり、食事の楽しみが増えて助かっています」と語る。施設長の秋吉タカ子様をはじめ職員のみなさまにくわしいお話をお聞きしました。

ほほえみ介護キッチンパートナー

—–サービス付き高齢者向け住宅ケアサポートいわみはどんな介護施設ですか?

島根県益田市でケアサポートいわみ株式会社が運営する、2013年開設の住宅戸数29戸のサービス付き高齢者向け住宅です。国が定めた基準に沿って、バリアフリーに代表される安全性に長けた構造などのハード部分と、高齢者ケアの専門家による生活相談サービスの提供といったソフト部分の両方を整備した、高齢者が安心して生活できる新しい賃貸住宅です。
他に同敷地内でデイサービスの運営も行っています。

サービス付き高齢者向け住宅ケアサポートいわみサービス付き高齢者向け住宅ケアサポートいわみ

——食事の提供で困っていたことは何ですか?

開設時から他社さんのクックチル食材を使用していましたが、食事のメニューがマンネリ化していて、麺類ばかりがメニューに並んだり、食材が固かったり、味にも満足できない時もあり、利用者様からの不満が多くありました。
食材の配達方法も冷凍で数日分が一度に届くため、冷蔵庫で食材の保管場所を確保したり、食材のチェックをするのも大変でした。無理やり冷凍庫に押し込んで保管していると食材の袋が擦れて穴が開き、湯銭での解凍時に漏れていることなどがあり、困っていました。
冷凍で届くため解凍時間にも時間がかかり、調理時間が今よりも長くかかってしまっていました。

——ほほえみ介護キッチンパートナーを導入されたきっかけは?

以前使用していた他社さんのクックチル食材に不満もあり、困っていた時に提案をいただいたのがきっかけでした。
同じ島根県内の業者さんで安心感もありましたね。
丁寧に提案いただいて、その後に職員の試食会を行い、とても美味しく職員も納得しましたので、活用させていただきました。
食事のメニューに選択メニューや行事食のオプションサービスがあるので、食事のメニューのマンネリ化が解消されると思ったのも決断の一つです。

——ほほえみ介護キッチンパートナーをどのように活用していますか?

調理員3名体制で、調理は基本1名で再加熱器リヒートウォーマーキャビネットは活用せず、保温器を活用しながら、朝昼夕に食材のみで汁具のオプションも活用しています。
再加熱器リヒートウォーマーキャビネットを活用していませんので、朝昼夕3食の調理時間は調理員1名体制で10時間から11時間くらいです。
調理員がシフトが組めない時には介護職員が調理をしますが、簡単なので問題なく調理もスムーズにでき、いざという時にも安心ですね。
また、食材が毎日冷蔵保存で届くので、食材の検品も楽にでき、冷蔵庫への保管も困ることはなくなりましたので、とても助かっています。

——システムを導入されてどんな効果がありましたか?

食材の検品や冷蔵庫での保管管理は楽になりましたし、汁具のオプションなどを活用して調理も楽になりましたね。
お寿司などの選択メニューがあり、飽きさせないものになっているので入居者さんも喜んでくださっているのが嬉しいですね。
献立も栄養管理がしっかりされていて、塩分も一日6g以下ということで、入居者様の体調管理に助かっています。

——行事食(イベント食事)の活用はいかがでしたか?

初めての試みで行事食のサービスを活用させていただきましたが、想像していた以上に好評でしたね。
てんぷらや茶わん蒸しなど、日ごろなかなか食卓に並ばない料理をお花見に合わせてお願いいたしました。
シェフに自社の厨房に来て調理をしていただいたのですが、事前に料理のメニュー、調理器具や器などの打ち合わせをさせていただき、不足の器具や器などを持ち込みをして季節感を味わえるお料理を提供してくださいました。
出張サービスを多くされているとのことで、狭い厨房なのですが、とても慣れた手つきで約40人前のてんぷらを揚げて、茶わん蒸しを調理されてました。
入居者様、ご家族様も一緒に食べていただきましたので、入居者様と一緒に食べていただいたご家族様もとても喜ばれていました。
入居者様のQOL向上のためにも、今後もオプションの行事食を活用していきたいと思います。

介護用食材介護用食事調理

ほほえみ介護キッチンパートナーほほえみ介護キッチンパートナー

——今後、期待されることは何ですか?

検食しながら意見交換したりできる時間を作って、より良い食事提供をしていきたいですね。
今後もよい食事を提供するためにも再加熱器リヒートウォーマーキャビネットの導入を検討したいと思います。
また、HASSAPの義務付けなどもあり、USBで調理温度を管理ができるので興味がありますね。
今後も引き続きサポートしていただけたらと思います。

小規模多機能型居宅介護事業所あいおいの家(島根県浜田市)

あいおいの家

島根県にある小規模多機能型居宅介護事業所あいおいの家様は、「ほほえみ介護キッチンパートナー」 を活用いただいて半年。「コスト削減以上に食事提供の労力が激減でき、助かっています」と語る。管理者の渋谷園子様にくわしいお話をお聞きしました。

—–小規模多機能型居宅介護事業所あいおいの家はどんな介護施設ですか?

(渋谷様)
島根県浜田市でUSサービス株式会社が運営する、2007年開設の通所を中心として、状況に応じて短期間の宿泊や訪問を受けることができる小規模多機能型居宅介護サービスです。泊り9床、有料老人ホーム「共生の家」を併設していまして有料老人ホーム13床の計22床の施設です。

—–食事の提供で困っていたことは何ですか?

(渋谷様)
一年くらい前、厨房の職員がさまざまな理由で退職が重なり、人手が確保できなくて、しっかりした食事が提供できない時期がありました。
常時2名体制で調理をおこなっていたので食事部門を維持するのが大変で、他の方法がわからなかったので、仕方なく大手の厨房外部受託業者へお願いしていました。

—–ほほえみ介護キッチンパートナーを導入されたきっかけは?

(渋谷様)
大手の厨房外部受託業者さんは毎月の厨房委託費用が高くて、経営を圧迫しはじめたので、会計事務所さんに相談しました。
調理済み食材の取り扱い事業所を教えていただき、ノウハウも無料でサポートして下さるということで、話を聞いて即決しました。

—–ほほえみ介護キッチンパートナーをどのように活用していますか?

(渋谷様)
現在は、朝昼夕に再加熱器は利用せず、食材のみで汁具のオプションも活用しています。
調理員の確保が難であったのですが、調理員の確保する方法を教えていただき、現在、基本1名体制で食事が提供できるので、とても助かっています。
毎日、前日分が冷蔵で届くので、食材のチェックも含め冷蔵庫での管理が楽です。

—–システム導入の過程で印象に残っていることはどんなことですか?

(渋谷様)
介護食事資料を交えてサービス内容の説明をしてくださって、わかりやすくシステムが理解できました。
なぜ、我々介護事業所が、食事提供で困ってしまうのか?よく理解できました。
それから、導入されている他の施設さんでの調理風景を視察させていただき、調理方法を確認することもできました。
調理も難しくなかったので、導入後も問題なくスムーズに食事提供ができました。

—–システムを導入されてどんな効果がありましたか?

(渋谷様)

  1. 一人で厨房管理ができるので人件費が削減できたことが魅力ですね
  2. 献立、食材の仕入れへの労力が激減できて、職員の食事を管理するストレスがなくなりましたね。
  3. 以前は介護職員も調理をしてたので、食事管理を完全にお任せでき、職員の本業の介護に専念できる時間を確保しやすくなりました。メニューを何しようかなって考えるのが大変でしたから。
  4. 選択メニューがあってメニューの飽きが予防できるので、利用者さんに好評ですよ。麺類を楽しみにしていらっしゃる方も多いですね。
  5. 食材は減塩(おかずのみ1食2g以下)なのですが、薄味という感じでもなく、しっかりとした味付けです。食事で利用者さんの体調を安定できるので、入院される方も少なくなりました。
  6. キザミを追加料金で行ってくださるので、手間が省け、とても助かっています。介護度の高い方も多く、食事形態もペースト、キザミと様々なのですが、ペーストにした時の繊維質が残らなかったりと滑らかに食べやすく調理できるのでいいですね。

—–今後、期待されることは何ですか?

(渋谷様)
こちらからの要望は特にありません。
食材が高齢者向きな柔らかさで、メニューも豊富で満足しています。
今度は、いろいろなバリエーションがある行事食も活用してみたいと思っています。