ほほえみライフblog

介護施設の62.6%がミキサー食に満足していないことをご存知ですか?

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス
「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

介護施設向けミキサー食をはじめます

デイサービス、グループホームや小規模多機能などの施設では
ミキサー食を質よく調理することができていないのが現状です。

●家庭用のミキサーを使用しているので滑らかなミキサー食が作れない
(だから、誤嚥してしまう)

●ミキサー食を作るのに時間が多くかかってしまう
(調理の時間がかかるため、調理スタッフを増員しなければならない)

●水を入れるので薄味になってしまう
(美味しくないと利用者様からクレームが出てしまう)

●調理員によって質のばらつきがあり、利用者さんの誤嚥が心配だ
(介護スタッフが食事提供時に確認をしなければならないため、負担が大きい)

もし、このような問題が解決でき、施設スタッフの負担が軽減できたら、
あなたの施設はどうなりますか?

そんな問題を解決できるアイテムです。
問題を解決したい施設様は、今すぐメールをお願いします。

support@hohoemilife.info

◆3つのメリット

その1:常食と同じ献立構成のメニューで提供できます。
その2:とろみがないので、お好みの形態に調整できます。
その3:出汁で作ってますので、味も問題ありません。

ミキサー食とは、水分が多く噛む必要がなく、ポタージュのような食感です。
ペースト食とは幾分粘りがあり、舌で潰せる感じです。
飲みやすいのはミキサー食ですが、呼吸器に入ってしまう可能性があるため注意が必要ですので、とろみ材などを使用し、調整ください。

介護施設の食事提供に不安や心配があれば、今すぐお問い合わせください。
support@hohoemilife.info
0120-755-388

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。