ユニット型ケアの食事提供で介護員の負担が増えてませんか?

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

特別養護老人ホームのユニット型での食事提供に介護員の負担が年々大きくなって、介護スタッフからの不平不満が増えた。
そんな悩みがございませんか?

介護施設の人手不足を解消する食事提供のヒミツ

そのユニットケアにおける食事は、各ユニットで調理したり、ご飯を炊いたり、厨房から大皿で運ばれた料理を目の前で取り分けたりといった形が一般的です。

しかし、多くのユニットケアを導入されている施設様から、こんな悩みを相談されます。

 

●ご飯の種類が、通常、軟飯、お粥があり、ユニットの炊飯器では1種類しか炊けないので、対応しきれない。

●特老の入居者が介護度3以上なので、食事の形態が刻みやミキサーなど多種にわたり、調理時間に時間がかかったり、料理が冷めてしまう。

●厨房スタッフの負担は軽減できたが、介護スタッフの負担が大きくなって、離職者が増えた。

●各ユニットに調理専門のスタッフを雇用し、人件費が増大した。

そんな悩みの解決をお手伝いできるのが、食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」です。

厨房での調理とユニットでの調理を効率的かつ衛生的にも安全な食事を提供でき、プラス個別の要望の対応を行うことで、ユニットケアのメリットを生かすことができる方法を提案いたします。

このようなことで気になる方や
ご興味ある方は
今すぐお問い合わせください。
support@hohoemilife.info
0120-755-388

ほほえみ介護キッチンパートナーが
厨房の悩みの解決のお手伝いをいたします。

******************

 

 

 

先日、食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」を活用いただいている介護施設様で松茸ご飯や茶わん蒸しなど、季節を感じていただけるメニューを提供をいたしました。

施設の方々もとても喜んでくださり、食事をしっかりと楽しんでいただいたようで嬉しいですね!

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

厨房の人手不足が影響して経営が不安定になっていませんか?

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

今月中旬に人手不足が影響して食事提供に大きな問題を抱えている介護施設向けの厨房事業についてのセミナーを島根県浜田市で行いました。

厨房の人手不足を解消して経営を安定させるセミナー開催

自社調理を行っている介護施設様、業務委託しているが自社調理を検討している介護施設様、業務委託費用が値上がりし経営に影響が出ている介護施設様などが参加されました。

3年前から行っていますが、当時、この発想は5年後にはスタンダードになっているであろうと予測して、新たな思考での食事の提供方法を提案していましたが、当時はあまり関心を持っていただけていませんでした。

しかし、昨今の人手不足の問題が顕著になり、多くの介護施設様が関心を持っていただくようになりました。
みなさん、人手不足が連鎖して経営にも影響することをわかり始めたのです。
今回参加して下さった介護施設様も、人手不足からくる様々な問題をお持ちのようで、私たちが3年前に時代はこうなる!と予測した問題が、現実的に多くの介護施設で起こっていることを実感した一日になりました。

今までの既成概念に囚われていては、業務の見直しは難しい。
しかし、新たな業務改善方法や発想が思いつかない、知らないという介護施設様がほとんどでした。

私たちは、最新の情報を提供し、全国ではどのような事例があり、どんなノウハウを使って解決しているのか?そんなリアルな話を交え、業界の裏事情や今後の世の中の流れを予期しながら、厨房業界の方向性を伝えています。

今回、参加された介護施設様のお力になれたセミナーだったと思います。

浜田市を中心に江津市や益田市から介護施設の方々が参加

人手不足に悩む介護施設の食事の提供をお助けするほほえみ介護キッチンパートナー

時代の流れをいち早く読み、新しく正しい情報を知ることで、しっかりとした経営判断ができます。
そんなきっかけになった一日でした。

次回は、12月20日(金)に開催を予定をしております。

人手不足問題をどう解決するのか?解決方法教えます

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

なぜ、自施設の厨房コストを削減できないのか?
残念ながら、多くの介護施設経営者様が施設規模に合った効率的に調理を行うシステムをご存知ないからです。

外部に委託にしてるにせよ
自社で調理しているにせよ
時代の流れに合った最新のシステムをご存じないからなんです。

介護施設向け食事サービスを提供する会社といっても様々なタイプの会社があります。

介護保険が施行された2000年当時、特別養護老人ホームや介護老人保健施設は、
150~200床という規模が一般的でした。
その規模の施設に対応する調理システムで厨房委託していた会社が、物価の上昇、人手不足の問題を抱えながら、規模の小さな施設の厨房を受託し、運営していることも多くありません。

昨今のサービス付き高齢者住宅や地域密着型特別養護老人ホームなどは、30床程度が中心です。
当初の特別養護老人ホームや介護老人保健施設が採用していた調理システムが、
今のコンパクトになった高齢者施設に合うはずがありませんよね。

もし、こんなお話を聞きたいや興味がある介護施設様、厨房システムについて悩みがある介護施設様がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。
(簡単な質問でも結構です)

support@hohoemilife.info

全国各地で活用いただき、施設運営を円滑に行っている介護施設様の事例なども合わせてお伝えいたします。

先日、食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」を活用いただいている介護施設様で、土用の丑の日もあり、うなぎ丼の提供をいたしました。

他には、お吸い物や茄子の煮浸し、桃羹など、夏に合ったメニューを提供させていただきました。

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス

施設の方々もとても喜んでくださり、食事をしっかりと楽しんでいただいたようで嬉しいですね!

うな丼を土用の丑の日に提供しました

行事食で介護施設の食事をサポートしています

他の介護施設と差を付け経営を安定させたい介護施設様がございましたら
お気軽にお問い合わせください。(簡単な質問でも結構です)

support@hohoemilife.info

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。

「ほほえみ介護キッチンパートナー」オフィシャルサイト
http://hohoemilife.info/

厨房の人手不足の解決!最新システム紹介セミナー及び試食会を開催します

厨房の人手不足の解決!
最新システム紹介セミナー及び試食会を開催します。

厨房から考える働き方改革に取り組む時が、すぐそこまで来ています。
介護・医療の経営を厨房システムから考えてみませんか?

超人手不足の時代に介護施設が行なわなければならないことを
将来へつなげる対策と5年後にはスタンダードになっている新厨房システムの構築を交え、ご説明します。

日時:2019年9月20日(金)10:00~

会場:いわみーる403研修室
(島根県浜田市野原町1826番地)

・食事委託業者の食事の内容が悪くなったような気がする

・委託会社から受け入れがたい大幅な値上げ交渉があった

・自社調理しているが調理スタッフが集まらない

・調理スタッフの募集費、食材の仕入れ値が高騰している

・食中毒のリスクが怖い

・HACCAP(ハザップ)導入義務に不安や心配がある

このようなことで気になる方や
ご興味ある方は
今すぐお問い合わせください。
support@hohoemilife.info
0120-755-388

ほほえみ介護キッチンパートナーが
厨房の悩みの解決のお手伝いをいたします。

介護施設の食事提供のヒミツについてご存知ですか?

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

なぜ、自施設の厨房コストを削減できないのか?
残念ながら、多くの介護施設経営者様が施設規模に合った効率的に調理を行うシステムをご存知ないからです。

外部に委託にしてるにせよ
自社で調理しているにせよ
時代の流れに合った最新のシステムをご存じないからなんです。

もし、厨房システムについて悩みがあるようでしたら、お気軽にお問い合わせください。(簡単な質問でも結構です)
support@hohoemilife.info

全国各地で活用いただき、施設運営を円滑に行っている介護施設様の事例なども合わせてお伝えいたします。

先日、食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」を活用いただいている介護施設様で茶わん蒸しとネギトロ丼の提供をいたしました。
他には、お吸い物や漬物など、みなさんのリクエストに応じてメニューを提供させていただきました。

施設の方々もとても喜んでくださり、食事をしっかりと楽しんでいただいたようで嬉しいですね!

他の介護施設と差を付け経営を安定させたい介護施設様がございましたら
お気軽にお問い合わせください。(簡単な質問でも結構です)
support@hohoemilife.info

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。

「ほほえみ介護キッチンパートナー」オフィシャルサイト
http://hohoemilife.info/

ニュースで話題になりました!女子高生とメニュー開発!

山陰中央テレビ(TSK)さんで、弊社が取り組む女子高生さんとの共同で新メニューの開発の様子をニュースで取り上げていただきました。

現役女子高生が新たな介護食メニューを開発
介護事業と女子高生がタッグで介護食を華やかに!

介護施設への食事の提供を展開する「有限会社 齋藤アルケン工業(島根県浜田市)」は、介護施設の毎日の食事に飽きてしまう悩みを解消するため、島根県立浜田水産高校食品流通科(島根県浜田市)の三年生(女子生徒4名)と共同で新メニューの開発に取り組みます。高校生の介護業界の常識にとらわれないアイデアで、地元日本海の食材を使った斬新なメニューを一学期中に開発し、高校生たちが実際に介護施設で提供いたします。
高校生には、開発や提供を通して介護業界の食事についての課題や問題点を知ってもらうことで、自分たちの将来や進路を見据えて欲しいと願っています。

  介護食事

女子高生のアイデアメニューで“介護食”を変える!
脱マンネリ!彩り豊かで美味しい介護食を開発

メニューを共同で考える女子高生は、食の甲子園にも出場し、地元のグルメフェスタで受賞経験などがある浜田水産高校食品流通科の生徒です。実際に食事を提供する介護施設と当社の担当者が共同で行います。
質素で淡泊ないつも代わり映えのしない介護施設の食事のイメージを、女子高生のアイデアで一新し、美味しい料理の開発を目指します。5月29日(水)に第1回目のメニュー開発会議を実施、6月26日(水)に試作・試食を行い、7月3日(水)にメニュー開発した女子高生が実際に介護施設の厨房で調理をして、高齢者の方々に食べていただきます。

高齢者だって「美味しい料理が食べたい」
そんな思いを聞いてチャレンジ

きっかけは、介護施設に入所されている高齢者の方々は外出機会が少ないため、情報はテレビからという方がほとんどです。テレビでみる行列ができるお店のあの料理が食べてみたい、原宿で流行っているあのパンケーキが食べてみたいなど、そんな思いがあることを知ったことからです。しかしながら、普段の食事提供をしていると、介護施設の食事についての概念が抜けず、新メニューのアイデアが出てこない悩みがありました。
そこで、テレビで見かけるような面白いメニューを開発するために、柔軟な発想を持ち、流行に敏感な女子高生と共同で開発を行うことになりました。

今回の開発したメニューレシピは、他の介護施設でも提供可能にし、サービス拡大の商品として考えています。浜田水産高校としては、地元のイベントなどでも販売できるようにしたいとのことです。


生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。

厨房の採用にお困りではないですか?

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス
「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

介護施設の厨房職員が不足している現状が、全国各地で問題になっています。
弊社の厨房システム「ほほえみ介護キッチンパートナー」を活用いただいている
介護施設様には、求人の方法も無料でアドバイスいたしております。
実際に全国で採用したノウハウをお伝えしています。

先日、食事提供サポートサービス
「ほほえみ介護キッチンパートナー」を活用いただいている介護施設様で
エビフライとチキンライスの提供をいたしました。

エビフライです!
他には、コンソメスープなど、
みなさんのリクエストに応じてメニューを決めて提供させていただきました。

おかげでほとんどの方が完食され、大好評でした!
施設の方々もとても喜んでくださり
食事をしっかりと楽しんでいただいたようで嬉しいですね!

他の介護施設と差を付けたい介護施設様がございましたら
お気軽にお問い合わせください。(簡単な質問でも結構です)
support@hohoemilife.info

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。

厨房の人手不足の改善は経営を安定させる方法の一つです

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

食事提供サポートサービスのほほえみ介護キッチンパートナーを活用いただいている介護施設様で、アナゴ丼と茶わん蒸しの提供をいたしました!

茶わん蒸しは、施設開設してから三回目だったそうで、みなさん喜んでいらっしゃいました。
ほとんどの方が完食され、嬉しい瞬間です。

普段の厨房のオペレーションは、人手不足を改善するシステムを活用し、30床を1人8時間で作業しています。
衛生面でも優れる真空調理された食材を使用し、栄養価、食事の品質、満足度を提供できています。

しかし、食事のマンネリ化や飽きは食事を提供している側の悩みでもあります。
ほほえみ介護キッチンパートナーは、食事への喜びや満足度を充実していただくために、定期的なイベント食の提供のアドバイスやメニュー相談、ノウハウの共有などをさせていただいています。

厨房スタッフの人手不足の悩みを解消し、より満足していただける食事提供のノウハウが知りたい施設様は、お気軽にお問い合わせください。
(簡単な質問でも結構です)

support@hohoemilife.info
0120-755-388

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
「ほほえみ介護キッチンパートナー」をよろしくお願いいたします。

「ほほえみ介護キッチンパートナー」オフィシャルサイト
http://hohoemilife.info/

食事の喜びを感じてもらう方法

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

食事提供サポートサービスのほほえみ介護キッチンパートナーを活用いただいている介護施設様で、海鮮丼の提供をいたしました!

海鮮丼、ミニうどん、フルーツポンチを提供させていただき、提供時に歓声が沸き起こるほど、みなさまには喜んでいただきました。
食事を提供する側として一番嬉しい瞬間です。

おかげでほとんどの方が完食され、大好評でした!
普段、食がススまない方もしっかり食べられ、一安心です。

厨房スタッフの人手不足の悩みを解消し、より満足していただける食事提供のノウハウが知りたい施設様は、お気軽にお問い合わせください。
(簡単な質問でも結構です)

support@hohoemilife.info
0120-755-388

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
「ほほえみ介護キッチンパートナー」をよろしくお願いいたします。

「ほほえみ介護キッチンパートナー」オフィシャルサイト
http://hohoemilife.info/

介護施設の62.6%がミキサー食に満足していないことをご存知ですか?

人手不足に悩む介護施設向けの新たな食事提供サポートサービス
「ほほえみ介護キッチンパートナー」の齋藤です。

介護施設向けミキサー食をはじめます

デイサービス、グループホームや小規模多機能などの施設では
ミキサー食を質よく調理することができていないのが現状です。

●家庭用のミキサーを使用しているので滑らかなミキサー食が作れない
(だから、誤嚥してしまう)

●ミキサー食を作るのに時間が多くかかってしまう
(調理の時間がかかるため、調理スタッフを増員しなければならない)

●水を入れるので薄味になってしまう
(美味しくないと利用者様からクレームが出てしまう)

●調理員によって質のばらつきがあり、利用者さんの誤嚥が心配だ
(介護スタッフが食事提供時に確認をしなければならないため、負担が大きい)

もし、このような問題が解決でき、施設スタッフの負担が軽減できたら、
あなたの施設はどうなりますか?

そんな問題を解決できるアイテムです。
問題を解決したい施設様は、今すぐメールをお願いします。

support@hohoemilife.info

◆3つのメリット

その1:常食と同じ献立構成のメニューで提供できます。
その2:とろみがないので、お好みの形態に調整できます。
その3:出汁で作ってますので、味も問題ありません。

ミキサー食とは、水分が多く噛む必要がなく、ポタージュのような食感です。
ペースト食とは幾分粘りがあり、舌で潰せる感じです。
飲みやすいのはミキサー食ですが、呼吸器に入ってしまう可能性があるため注意が必要ですので、とろみ材などを使用し、調整ください。

介護施設の食事提供に不安や心配があれば、今すぐお問い合わせください。
support@hohoemilife.info
0120-755-388

生きがいと生活の質の向上をお手伝いする
ほほえみ介護キッチンパートナー
をよろしくお願いいたします。